【外資系】ニューインディアって?

 

日本に住んでいて長年自動車保険のお世話になっている人でもこの損害保険会社ほど知られていないところはないでしょう。
ニューインディア保険という名前を聞いたことがあるでしょうか?
この損害保険会社は社名から察することが出来るのですがインドの損害保険会社です。
いわゆる外資系というものですが、そんじゃそこらにある外資系損害保険会社とは違って、国営の損害保険会社なのです。
日本には厳密にいえば国営企業というものがないのであまりピンとこないと思うのですが、過去にあった国鉄や日本郵政公社、専売公社、電電公社などのように国の保護を受けているのでかなり傲慢な経営でも成り立つのです。
その結果がこのニューインディア保険の営業体系にしっかりと表れています。
まずインドの時間の流れがあります。

 

金曜日に起きた事故は全て週明け処理、連休もしっかり休む、連絡も気が向いた時だけ、郷に入れば郷に従えではありませんが、日本人が実際に動いているのにインドの時間の使い方しかできないようです。
酷い場合では問い合わせても外出や出張、会議などを理由に連絡がつかないことが多く、それに対する折り返しの電話もかかってこないようです。
事故対応においてもこちらから保険料を支払う時や同意書を求める時はてきぱきと事務処理を行う割には、保険請求書を送っても支払いが遅く、電話で問い合わせて初めて動き出すということもあるようです。
それからやはりお役所仕事のようで、サービスという概念がなく、営業時間内だけ動けばいいやという気質もあります。
一応、東京海上日動火災保険とのつながりがあるようですが、それでもこのていたらく、国営だからといってこんなやり方では外貨獲得も難しいでしょう。
インドならこれでもいいのかもしれませんが、時間のきっちりしている日本にはどうやらあわないようです。