JA自動車共済ってどうなの?

 

JA自動車共済はJA、農業協同組合が扱う自動車共済です。
厳密にいえば自動車保険ではなく、共済ですので保険料も保険料ではなく共済金という呼び方をします。
この自動車共済に加入するためにはまずはJA共済というものに加入するのが先決で、その金額は大したことはないのですが、共済金のほかににも費用が掛かるということを覚えておきましょう。
JA共済は助け合いの一環で行われているもので自動車共済で利益を求めるものではありません。

 

共済金として支払われたお金を運用してそれをJAの運用資金として使っているため、自動車共済金には利益は乗っかっていません。
それゆえ共済金は他の自動車保険の保険料よりもかなり安く、保険料をできるだけ抑えたい方にはちょうどいいものだと思います。
ただ、それを運用しているのはJAです。

 

自動車や保険などとは全く無縁の農業関連の共済ですので、いろいろとあるようです。
まずはお役所仕事ということ、とりあえずは9時5時の営業時間内でなければ何もしてくれません。
一応、事故対応とロードサービスは24時間365日やっていますがそれでも営業時間内と時間外では全く違う対応となります。
更にコールセンターなるものもないので、連絡を取るのも一苦労でかなり無駄な時間を過ごすことになるようです。

 

事故対応もあまり良くなく、相手ともめた時もほとんど力にはなってもらえずほぼ言いなりとなってしまうようです。
それにJAの人事異動が多すぎて頻繁に担当者が変わるので信頼感を築けないままで新しい人が担当者になってしまうということもしばしばあるようです。
どうやら自動車共済は自動車保険と切り離して考える必要があるのかもしれません。