朝日火災海上保険株式会社の口コミはあまりよくない・・

 

朝日火災海上保険株式会社は、野村證券、大和銀行、第一銀行などの金融系によって作られた損害保険会社で、現在でも野村ホールディングスの子会社として存在しています。
保険料も代理店型自動車保険としてはまずまずの金額で補償内容も充実しているので表面上は特にこれといっていい点も悪い点も見つからないのですが、実際に事故を起こして補償を求めたり、満期なって更新したりする時にこの企業の体制が垣間見えることになります。
まず事故対応ですがとりあえずはスピーディーな対応で事故現場ではそれなりにこなしていくそうですが、問題はそのあとの事務手続きです。
時なくこちらからアクションを起こさないと何もしてくれません。

 

事故を起こして自動車保険の補償を使う時には今どういった段階になっているかということが気になるものですが、優れた自動車保険会社で変化があり次第、保険会社側から電話なり、訪問してきたりと報告をしてくれるものですが、この損害保険会社では、何をするのもこちらから電話をしなければならず、待っているだけでは話が進まないようです。
それから、満期が近づいてきて次はどうするかといった時に更新しないで他の自動車保険に乗り換えるということを伝えると解約手続きを行うのではなく、解除手続きを行ってきたらしいです。
解約と解除では全く意味合いが違います。

 

会社を辞める時の退職と解雇の違いと同じで、次の自動車保険に入る時でも悪い経歴を持ったまま移行することになるのです。
場合によってはそれによって次に自動車保険に加入できなかったり、保険料が高くなったりする可能もあるのです。
保険会社は顧客が減るのかなり嫌い傾向が強い業種ですがこういったいかにも「すてゼリフ」のようなやり方はちょっと大人げないような気がします。
企業のつながりでJRなどの鉄道関連の大量顧客を抱えているからといって個人での加入者の扱いが悪すぎるのではないでしょうか。