そんぽ24は結構評判のいい保険会社

 

もともとはイギリスのダイレクトラインと安田生命の共同出資にて生まれた安田ライフダイレクト損害保険株式会社という損害保険会社だったのですが、ダイレクトラインの離脱、日本興亜損害保険への株式の譲渡から現在は損害保険ジャパン日本興亜の子会社としてなり、そんぽ24損害保険として運営されることになりました。
従って、そんぽ24は損保ジャパンの通販型自動車保険バージョンになるということです。
土台に損保ジャパンを持っているので、サービス体制はそこそこ良く、事故を起こした時も迅速に対応してくれますし、ゴールド免許割引やインターネット申込割引、走行距離による割引などの割引体制も充実しています。
ほとんどサービスを損保ジャパンのものを使って行うのですが、ロードサービスの良さは特筆できるでしょう。レッカーサービスは100kmまで無料で、指定工場までは完全無料、ガス欠についても1年で1回、10リッターまで無料、バッテリー上がりやキー閉じ込み、タイヤの交換も無料と、まさに代理店型のロードサービスと同等のサービスが受けられることになっています。

 

もちろん事故処理も充実しており、24時間365日対応ですし、休日にも初期対応のみですが対応してくれるそうです。
事故を起こした時は、取りあえず現場での処理を終えてさっさと家に帰りたいものです。
そういった時、休日でも初期対応をしてくれるのはありがたい話です。

 

ただ、通販型自動車保険にしては少しばかり保険料が高めで、更に事故や故障などで、自動車保険の補償を受けた時のノンフリート等級が一気に下がってしまい、保険料もかなり高くなってしまうという声があり、最初はいいは継続してい使っていると若干不具合があるようです。
保険金の支払いについては、保険金不払い事件の一社となっており少し心配が残りますが、逆に表沙汰になったことによってそれまでのようなことはないと思われます。
⇒三井ダイレクト損害保険の評判は?