自動車保険豆知識記事一覧

自動車保険というものは損害保険会社が直接営業などを行うのではなく、損害保険会社が認めた代理店という別の企業や個人事業主などが営業や事務処理を行うようになっているのですが、これがいわゆる昔ながらの代理店型自動車保険というものです。代理店型自動車保険のメリットは直接人と人が顔を合わせて契約することによって安心感があるということ、事故処理を行う時も顔や人となりを知っている担当者が駆けつけてくるので処理が...

自動車保険にはメインとなる対人・対物・搭乗者傷害、人身傷害、車両などのほかにそれだけでは大きな補償能力はありませんが付けおくと便利という「特約」というものがあります。これはメインとなる保険にオプションとして付けるもので特約だけに加入するということはできません。特約にはできれば入っていた方がいいものとそれほど必要のないものがありますのですべてを付加する必要はありません。ぜひとも入っていただきたい特約...

自動車保険というものは事故などを起こした時などのもしもの時のために備えるもので、その時に金銭的な賠償を行うのが主な目的です。自動車保険の中心的なものとなる「対人」「対物」というものがまさにそれで、事故を起こして、相手が怪我をしたときや相手を死亡させてしまった時、後遺症などが残ってしまった時に補償するのが対人保険、相手の車を壊してしまった、塀や電柱などを壊してしまった時に補償する対物保険です。これは...

自動車保険を販売している損害保険会社というものは過去にはそれぞれが完全に独立した形で運営されており、すべてのことをその損害保険会社内で行っていました。しかし、ここ最近は通販型自動車保険なるものがどんどん進出してくるようになったことからも窓口だけを設け、保険の内部のことは他の損害保険に頼るというところが多くなってきています。更に統廃合が頻繁に行われることが多い保険会社ですのでそれによっても部分的に同...

自動車保険に加入するためには保険料というものを支払わなければなりません。最近では通販型自動車保険が流行ってきており、保険料もどんどん安くなってきているのですが、それでも数万円も貼らなければならないので、出費としては大きなものとなります。しかし、必ずしも一年間の保険料を一括で支払わなければいけないということではなく、損害保険会社によっては月払いの分割払いも行っているところがあります。この場合毎月支払...

自動車保険の加入するときによく使われるのが「等級」という言葉です。等級とは正確にいえばノンフリート等級というもので9台以下の契約に対する割引ランクのことを言います。要するに損害保険会社から「この人は事故を起こしやすい危険人物だ」とか「この人は一度も事故を起こしていないから会社としても損は少ないよ」といった形で格付けをされているということなのです。この等級は全ての方が6等級からスタートすることになり...