通販型?代理店型?どっちふがいい?

 

自動車保険というものは損害保険会社が直接営業などを行うのではなく、損害保険会社が認めた代理店という別の企業や個人事業主などが営業や事務処理を行うようになっているのですが、これがいわゆる昔ながらの代理店型自動車保険というものです。
代理店型自動車保険のメリットは直接人と人が顔を合わせて契約することによって安心感があるということ、事故処理を行う時も顔や人となりを知っている担当者が駆けつけてくるので処理が速く済むということですが、同時に損害保険会社にしても細かな処理が必要ないとか営業をしなくて済むというメリットがあるのです。
しかし、この損害保険会社に対するメリットは自動車保険に加入する側にとっては全てがデメリットになるのです。
代理店があるということはそこに利益をもたらさなければならないということで、その代理店の利益はどこから来るかといえば、それは加入者が支払う保険料からねん出されているのです。

 

一方最近主流となっているのが、通販型自動車保険とかダイレクト型自動車保険というもので、代理店を挟まず直接損害保険会社とのやり取りを行うことによって、本来代理店の利益となる金額をとる必要がなくその分保険料が安く済むのです。
しかし、損害保険会社と直接取引するということでもしも時に駆けつけてくる担当者が全く知らない人であったり、いつも違う人だったりと人間的に信用性が薄くなります。
それから代理店を挟んで事故処理などを行った時には、厳しい条件をこちらが突き付けても代理店の方がうまく取り持ってくれて損害保険者を納得させることが出来るのですが、損害保険会社側と対峙していろいろな要求などをする通販型自動車保険の場合は軽くあしらわれてしまうということもあります。
ロードサービスに関しては今までは通販型自動車保険の大きなメリットとなっていましたが、最近では代理店型自動車保険でもそういったサービスを充実するようになりそれほど大きな違いはなくなってきました。
自動車保険はかなりたくさんあるのでどこに加入したらいいか分からなくなってしまいますが、保険料の安さを求めるのであれば通販型自動車保険を補償内容やサービスを求めるのであれば代理店型自動車保険をということになりそうです。