"車両保険は必要?

 

自動車保険というものは事故などを起こした時などのもしもの時のために備えるもので、その時に金銭的な賠償を行うのが主な目的です。
自動車保険の中心的なものとなる「対人」「対物」というものがまさにそれで、事故を起こして、相手が怪我をしたときや相手を死亡させてしまった時、後遺症などが残ってしまった時に補償するのが対人保険、相手の車を壊してしまった、塀や電柱などを壊してしまった時に補償する対物保険です。
これはすべて相手に対する補償をするというものですが、事故ともなれば相手だけではなく自分側にも怪我をしたり死亡者が出たり、車が壊れたりということもあるはずです。
相手がいれば過失割合によって相手の自動車保険で保障されることがありますが、例えば相手が自動車保険に入っていなかった、相手の加入している自動車保険がかなり払い渋っている、相手がいない単独事故だったなどという時は補償してくれる人は誰もいない状態になるのです。
そこで自分側の補償をする保険に入る必要が出てくるのです。
自分側の怪我や死亡などに対して補償してくれるのが人身傷害保険や搭乗者損害保険というもので、どちらかが対人と対物と組み合わされて3点セットで加入することになるので、特に気を付ける必要はないのですが、問題は自分側の物的損害を補償するものがないということなのです。
そこで用意されているのが車両保険というものです。

 

読んで字の如し、自分側の車の損傷を補償してくれる保険で、だいたいの自動車保険では免責ありと免責なしが用意されています。
免責はだいたい10万円をめどの設定されているのですが、免責ありと無しでは保険料の大きな差が生まれてきます。
もともと車両保険というのは対人対物などに比べるとかなり保険料が高いもので、対人・対物・人身傷害などだけの保険料と同じぐらいの保険料がかかります。
更に車の危険度によって大きく金額が変わってくるので、危険と判断された車であればかなり高額な保険料となってしまいます。
それによって車両保険に入らない方も多いのですが、これははっきりいって個人の考え方次第で必ずしも入っていた方がいいというものではありません。
要は車の修理費用を自分で払えばいいわけです。
自分の車が壊れてもすべて自腹で払い、保険料を安く済ませたいというのであれば入る必要はありません。
逆にそういう時も補償してもらいたいというのであれば保険料が高くても加入する必要があります。