付けておきたい特約

 

自動車保険にはメインとなる対人・対物・搭乗者傷害、人身傷害、車両などのほかにそれだけでは大きな補償能力はありませんが付けおくと便利という「特約」というものがあります。
これはメインとなる保険にオプションとして付けるもので特約だけに加入するということはできません。
特約にはできれば入っていた方がいいものとそれほど必要のないものがありますのですべてを付加する必要はありません。

 

ぜひとも入っていただきたい特約が弁護士費用特約なるものです。
事故を起こすと相手側の損害保険会社と自分側の損害保険会社同士が話し合って、過失割合や補償の有り無しを決めるものですが、その時にお互いの損害保険会社の言い分が食い違い、どちらも譲らないという状態になると示談ではなく、裁判ということになります。
裁判に至らなくても弁護士を間に挟んで法的に考えれば示談に持ち込むこともできます。
こういった時に弁護士費用というものが掛かるのですが、それを補償してくれるというのがこの弁護士費用特約です。
最悪のことを考えた特約だといっていいでしょう。

 

それから等級プロテクト特約というものもあります。
事故を起こしたり、車両保険を使って車を直したりするとノンフリート等級という保険者の格付けが下がります。
格付けが下がるということは次回の更新の際に保険料が上がるということになるのですが、この等級プロテクト特約を付けるとある一定の範囲で等級が下がるを防いだり、その幅を少なくすることができます。
それから原付バイクを持っている人であれば、あえて原付用の自動車保険に入らなくても原付バイク特約なるもの付ければ、はるかに安い金額で原付バイクの保険に入れることになります。
損害保険会社によっては、自転車保険の特約などもあるそうですので、自分のライフスタイルに合わせていろいろ組み合わせるとよいでしょう。