独立型と依存型

 

自動車保険を販売している損害保険会社というものは過去にはそれぞれが完全に独立した形で運営されており、すべてのことをその損害保険会社内で行っていました。
しかし、ここ最近は通販型自動車保険なるものがどんどん進出してくるようになったことからも窓口だけを設け、保険の内部のことは他の損害保険に頼るというところが多くなってきています。
更に統廃合が頻繁に行われることが多い保険会社ですのでそれによっても部分的に同じ企業グループ内の損害保険会社に委託をするということもあります。

 

完全に自社内だけで活動しているのを独立型、他の損害保険会社の活動を一部流用しているのを依存型というのですが、この体系によっても補償制度の良し悪しやその自動車保険の性質というものが変わってくるのです。
たとえばロードサービス、ロードサービスは素人が思っている以上のコストがかかるものです。
ロードサービス用の特別な車両の代金やその維持費、整備に技術を持った社員の人件費、移動のための消耗品や提携工場との契約などロードサービスを提供するにはかなりお金がかかるのです。
そこでコストをかけたくない損害保険会社ではロードサービスだけを他の同グループの損害保険会社に委託するということを良くします。
代理店型自動車保険と通販型自動車保険を両方やっている自動車保険では大体がこのタイプです。

 

それから窓口業務だけ独立した形で運営して、実際の保険業務はすべてちがう損害保険会社で行うというところもあります。
どちらにしても問題になるのが横の連絡がどれだけできているかということです。
車内での連絡というのはいわゆる伝言ゲームと同じで間に挟まる人間の数が多ければ多いほど間違った情報が伝わるものです。
これによって間違った情報が行き渡り、それが事故の解決に大きな影響を与えることがあるのです。
詳しく調べてみないとこういうことはわからないのですが、出来れば完全に独立した形で運営されている自動車保険を選びたいものです。