保険料の支払い方法

 

自動車保険に加入するためには保険料というものを支払わなければなりません。
最近では通販型自動車保険が流行ってきており、保険料もどんどん安くなってきているのですが、それでも数万円も貼らなければならないので、出費としては大きなものとなります。
しかし、必ずしも一年間の保険料を一括で支払わなければいけないということではなく、損害保険会社によっては月払いの分割払いも行っているところがあります。
この場合毎月支払うことになるのですが、支払いを忘れてしまったり、引き落としが出来なかったりすると最悪その時点で契約解除ということになることもあるので、忘れずに口座の確認や支払いの確認をしなければなりません。
それから保険料の支払いも多彩になってきました。

 

代理店型自動車保険しかなかった時代では代理店の担当者が直接取りに来たり、指定の銀行口座に振り込んだりということを行っていたのですが、通販型自動車保険が使われるようになってからは一切の対人のやり取りがないので、クレジットカードを使った支払いがメインとなっています。
しかしこれですとクレジットカードを持っていない方やクレジットカード自体が嫌いな方は通販型自動車保険に加入することが出来ないということになってしまいますが、これも損害保険会社によっては銀行口座からの自動引き落としや支払用紙を使ってコンビニや郵便局などで支払うという支払方法を持っているところがあるのでこういったところであれば加入することが出来ます。
自動車保険の保険料というものは全て掛け捨てで何もなかったからといって戻ってくるわけではありませんので、一年間何も補償を受けていなかった方からすれば非常に損をした気分になりますが、自動車保険の補償を受ける可能性は誰にもあり、その確率も高いので、きちっと支払って安心を手に入れましょう。